CLIP STUDIO PAINT 10周年キャンペーン中!

クリスタでダウンロードした素材の種類別の使い方〜CLIP STUDIO〜

絵の具とパレット

CLIP STUDIO PAINTの素材にはブラシやカラーセット、オートアクションなど色々な種類があります。

それぞれに使い方や使えるようにするまでのやり方も違うので少々ややこしいです。

大抵の種類で使えるやり方は素材パレットの「素材の貼り付け」アイコンをクリック。

その素材の種類に応じて該当するパレットに自動登録されます。

ただこれも「どこに登録されたのかわからん・・・」となったこともありました。

注意

ここに書いてあることはおそらくやり方の一部です。

バージョンによって文言などが違っている場合があります。

スポンサーリンク

ダウンロードした素材の場所

素材は素材パレットから使用します。

素材パレットは最初の画面ではタブのみが出ており、タブはカラーパターン、背景、3D等の種類によって分かれています。

素材パレットを開くにはタブのどれか一つか、上の左向きの矢印(オレンジの〇)をクリックします。

(素材パレットタブの一番上はクイックアクセスが開きます)

クリスタ素材パレット

タブを開くと下のようにパレットが開きます。

ダウンロードした素材はダウンロードフォルダに入っています。

ダウンロードフォルダをクリックすると全ての素材が出てきますが、過去のものは探しにくいのでその下のフォルダから探す方がはやいかもしれません。

素材が複数あるもの(素材集)は大抵はダウンロードファルダの下にフォルダができ、個別の素材はダウンロードフォルダのすぐ下の「素材」に入ります。

素材パレット

多くの素材に共通のやり方

基本的に以下の3つの方法のどれかで素材は使えるようになると思います。

  • 素材パレットのダウンロードフォルダから該当箇所(パレット)にドラッグ&ドロップで移動
  • 素材パレットの「素材の貼り付け」アイコンをクリック
  • 該当パレットから素材を追加する
    →「素材の追加」アイコンをクリックまたはメニューから「〜を追加」(バージョンによっては「〜素材の読み込み」)を選択

・・・が、そもそも最初は「該当箇所(パレット)」がわからない・・・となったりします。

とりあえず自分の使用したことのある素材の登録場所を書いておきます。

スポンサーリンク

ブラシ素材

ブラシツールはサブツールパレットに登録します。

登録する方法は下記のような方法があります(他にもあるかもしれません)。

  • 素材パレットのダウンロードフォルダからサブツールパレットにドラッグ&ドロップで移動
  • 素材パレットの「素材の貼り付け」をクリック
  • サブツールパレットから追加する

サブツールパレットはおそらくどこでも大丈夫です。

MEMO

ダウンロードしたのに素材パレットに表示されないブラシ素材があったのですが、『サブツールパレットから素材を読み込む』方法だと出てきて登録できました。

なぜかはわかりません。

ドラッグ&ドロップで移動する方法

使用したい素材をサブツールパレットへドラッグ&ドロップで移動します。

(複数選択でまとめて移動もできます)

ブラシを移動

サブツールパレットの一番下に追加されます。

追加したブラシ
元の位置へ戻る

「素材の貼り付け」アイコンをクリックして移動する方法

素材パレットの一番下にある「素材の貼り付け」アイコンをクリックします。

素材の貼り付け

ブラシツールの場合は「サブツールパレットへ登録しました」と出て、開いているサブツールパレットの一番下に登録されます。

サブツールパレットへ登録
元の位置へ戻る

サブツールパレットから追加する方法

サブツールパレットの下の「素材の追加」アイコン(表示は『サブツールを追加します』または『素材からサブツールを読み込みます』)をクリックします。

サブツールを追加

または、①メニュー表示→②「サブツールを追加」(バージョンによっては「サブツール素材を読み込み」)を選択します。

サブツールを追加

「サブツールを追加する」または「サブツール素材を読み込み」画面が出ます。

読み込みたい素材を選択すると開いているサブツールパレットの一番下に登録されます。

※デフォルトでは「パレットに未追加の素材」が選択されています。

読み込みたい素材がない場合は「ダウンロードした素材」をクリックしてみてください。

サブツールを追加する

サブツールパレットに登録した後のフォルダ整理などはこちら。

筆とパレットブラシ素材の使い方と素材置き場をツールパレットに作る方法~CLIP STUDIO~

カラーセット素材

カラーセットはカラー系パレットの中にあるカラーセットパレットに登録します。

カラーセットパレット

カラーセットパレットを出したら下記のいずれかの操作をします。

カラーセットパレットから素材を追加する場合

カラーセットパレットから「カラーセットを追加」アイコンをクリック

または①メニュー表示→②「カラーセットを追加」を選択

カラーセットを追加

「カラーセットを追加する」という画面が出るので素材を選択して「パレットに追加」します。

カラーセットを追加

カラーセットパレット表示をクリックして開くと一番下に追加されています。

追加したカラーセット素材

スポンサーリンク

オートアクション素材

オートアクション素材はオートアクションパレットに登録します。

オートアクションパレットはレイヤーパレットに裏にあるので、オートアクションのタブをクリックして表に出します。

オートアクションのタブ

オートアクションパレットを出したら下記のいずれかの操作をします。

  • 素材パレットからドラッグ&ドロップ(ブラシ素材参照)
  • 素材パレットの「素材の貼り付け」をクリック(ブラシ素材参照)
  • オートアクションパレットから素材を追加

オートアクションパレットから素材を追加する場合

オートアクションパレットから「オートアクションを追加」アイコンをクリックします。

または①メニュー表示→②「オートアクションを追加」を選択。

オートアクションを追加

「オートアクションを追加する」という画面が出るので素材を選択して「パレットに追加」します。

オートアクションを追加

オートアクションの表示をクリックして開くと素材が追加されています。

オートアクション追加素材

オートアクションの実行

オートアクションの実行は、実行したいアクションを選んで「再生」アイコンをクリックします。

オートアクションの実行

グラデーションセット素材

グラデーションセット素材は以下の方法で登録ができます。

(ドラッグ&ドロップでできるかはわかりませんでした)

  • 素材パレットの「素材の貼り付け」アイコンをクリック
  • グラデーションの編集画面またはグラデーションマップの設定画面から素材の追加

「素材の貼り付け」アイコンをクリック

素材パレットの「素材の貼り付け」アイコンをクリックします(ブラシ素材参照

グラデーションセットに登録され、グラデーションマップの設定画面(ダイアログ)から利用できます。

設定画面から素材の読み込み

グラデーションの編集画面またはグラデーションマップの設定画面から追加もできます。

ツールパレットで適当なグラデーションツールを選び、ツールプロパティの「詳細設定」をクリックして編集画面を開きます。

(「詳細設定」が出ていない場合には左側の「+」をクリックして開きます)

グラデーションツール

またはグラデーションマップの設定画面を開きます。

①レイヤーパレットのメニュー表示→②新規色調補正レイヤー→③グラデーションマップで設定画面を出します。

新規色調補正レイヤー
グラデーションマップの場所

編集画面または設定画面を開いたら

(「グラデーションの編集」画面と「グラデーションマップ」の設定画面は内容は同じだと思います)

①ツールアイコンをクリックして「グラデーションセットを追加」を選択します。

グラデーションセットを追加

「グラデーションセットを追加する」という画面が出るので素材を選択して「追加」します。

グラデーションセットを追加

表示部分をクリックして開くとグラデーションセットが追加されているのが確認できます。

グラデーションマップに素材を追加
注意

セット素材を読み込んでも最後の「グラデーションマップ」設定画面をキャンセルして閉じると読み込んだ素材も登録されません。

MEMO

グラデーション素材には「グラデーションセット」と「グラデーションツール」があります。

「グラデーションツール」の場合はブラシ素材と同じようにツールパレットに登録します。

(どちらかは素材パレットの種類とデフォルトタグでわかります。下の場合はツール)

グラデーションツール

スポンサーリンク

その他

他にも画像素材や3D素材などがあります。

これらはキャンバスに貼り付ければ良いので、「どこに貼り付けたら良いのかわからない」となることはないかと思います。

画像素材を使って質感合成を行なうとアナログの用紙に描いているような感じにすることもできます。

桜クリスタの画像素材(テクスチャ)でアナログ用紙に描いているような質感をだす〜CLIP STUDIO〜

参考:素材パレットコマンドバーの意味

素材パレットコマンドバーの意味

スポンサーリンク