本ブログはプロモーションが含まれています

購入したAmazon Kindleの本が販売中止になったとき

kindle paperwhite

本は一度電子書籍化したらずっとあるように思っていましたが、電子書籍も販売中止(終了?)になることがあります。

購入したり購入を検討していた電子書籍がしばらくしたら購入できなくなっていたことが何回かありました。

心配なのは購入したものがどうなるかですが、わたしが購入したKindle本は販売中止になっていてもダウンロードして読み続けることはできました。

スポンサーリンク

販売中止の理由

販売中止の理由はいくつかあると思います。

今まで気づいた電子書籍の販売終了理由は以下のようなものを推測しています。

  • 改訂版が出版
  • アカウント停止
  • 出版社都合

改訂版が出版

同タイトルの改訂版が出版されると前のものは購入できなくなるようです。

例えば最初単行本を電子書籍化し、後日追記などがある文庫本が出版され、そちらも電子書籍化した場合などです。

単行本のKindleは販売中止になり、文庫版の方のKindleが販売されています。

アカウント停止

自分でKindle本を出している人の場合、アカウントが停止されるとKindle本も販売中止になります。

わたしが購入した本では、規約上問題になる部分があったらしくアカウント停止になったそうです(作者ご本人のX(旧Twitter)による)。

出版社都合

出版社側で電子書籍の販売を中止したのではないかと思われることもありました。

購入を考えていた電子書籍があったのですが、同作者同出版社の電子書籍はAmazonだけでなく、hontoなど他のストアからもなくなってしまいました。

同作者で他出版社の電子書籍はあるのでおそらく出版社都合と思われます。

Kindle本の販売中止後

Amazon Kindleで上記「改訂版が出版」「アカウント停止」の場合、購入してあった本は読むことができます。

新しい端末やアプリにも問題なくダウンロードされました。

検索では出てこなくなりますが、閲覧履歴や注文履歴、コンテンツと端末の管理などには残っています。

(出版社都合の場合と他のストアの場合は経験がないのでわかりません)