Amazon「現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント」キャンペーン復活!

クリスタで等高線塗りとグラデーションマップを利用する〜CLIP STUDIO〜

等高線塗りを利用したグラデーション

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)には便利そうなのに使い方のわからない機能がたくさんあります。

その中の一つがグラデーションで、詳しい使い方がわからずに嘆いたりしています。

素材のグラデーションセットを使ってみたいと思い立ち使い方を見てみたら、「等高線塗りを利用すると便利」とあり・・・「なにそれ・・・」となってしまいました。

調べて使ってみたら面白く便利そうな機能です。

この機能を使ってみる→『ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

等高線塗りとは

「等高線塗り」とは色付きの線の間の空間を線の色のグラデーションで塗りつぶすことのできるツールです。

例えば下図のように青線と赤線の間を「等高線塗り」ツールを選んでクリックすると、線の間が青と赤のグラデーションで塗りつぶされます。

等高線塗り

グラデーション

 

グラデーションマップに等高線塗りを利用

この「等高線塗り」とグラデーションマップを組み合わせると下のような模様が描けます。

線の形や濃度を変えると複雑なグラデーションができたりします。

等高線塗りとグラデーションマップ

グラデーションマップに等高線塗りを利用するやり方

グラデーションマップを利用する時は白黒で等高線塗りをした方がわかりやすいです。

(色が付いていてもできます)

まずペンツールなどで色の境界となる線(等高線)をひきます。

等高線を引く時はペンのアンチエイリアスは「なし」にします

等高線(白黒)

等高線塗りツールを出します。

ツールパレットの「グラデーション」の中に「等高線塗り」のグループがあります。

等高線塗りの場所

等高線塗りツールを選んだら、線と線の間をクリックしていきます。

線の色に「黒」を使用した場合はツールプロパティの黒色の扱いを「黒を対象とする」にしておきます。

透明部分をクリック

白黒のグラデーションで塗りつぶされました。

(端の部分(この場合一番上と一番下)は線に囲まれていないので一色となります)

等高線塗り(白黒)

次に「レイヤーパレットのメニュー表示①」から「新規色調補正レイヤー②」→「グラデーションマップ③」を選びます。

新規色調補正レイヤーの場所

グラデーションマップの場所

「グラデーションマップ」の設定画面が出たらグラデーションセットを選び、使いたいグラデーションをダブルクリックします。

(またはグラデーションを選択した後、下の「適用」アイコンをクリックします)

グラデーションマップのレイヤーが出て等高線塗りしたレイヤーに沿って色が反映されます。

グラデーションマップ設定

下はそれぞれグラデーションで「青空」「夕焼け」を選んだ場合です。

グラデーション(青空)  グラデーション(夕焼け)

 

補足

上の説明では線をただの山形にしてしまったので良さがわかりにくいかもしれませんが、線の形や濃度を変えたり、グラデーションの混合率を変えたりすると色々なグラデーションができます。

線を書いた境目の部分が目立つ時は、上から修正したり何か描いたり(空だったら雲とか水の中なら魚や水泡とか)すれば良いかと。

 

グラデーションマップで使用するグラデーションセットはデフォルトでいくつか入っています。

他にも素材として「CLIP STUDIO ASSET」などでも公開されているので色々試しても楽しそうです。

参考 CLIP STUDIO ASSETSCLIP STUDIO ASSETS