期限間近のclippyで買える素材(人気順)

画像素材(テクスチャー)をイラストの一部に使う方法〜CLIP STUDIO〜

マーブル模様

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で画像素材(テクスチャー)をイラストの一部に使う場合の覚え書き。

合っているかどうかはわからない。

レイヤーマスクを使うと便利らしいですが、理解しているとは言えません。

一応レイヤーマスクについての覚え書き

レイヤーマスクレイヤーマスクの作り方〜CLIP STUDIO〜

※テクスチャーをアナログ水彩用紙風にするにはこちら

桜クリスタの画像素材(テクスチャ)でアナログ用紙に描いているような質感をだす〜CLIP STUDIO〜

画像素材(テクスチャー)をイラストに使う

CLIP STUDIO PAINTにデフォルトで入っている画像素材「大理石」をイラストに利用する方法を試してみます。

他にもやり方は色々あると思うのであくまで一部です。

貼り付けた後の処理は「質感合成」を利用してますが、合成モードや不透明度の変更など色々な方法があります。

画像素材をレイヤーに追加する方法はドラッグ&ドロップ以外にもありますが省略します。

詳しくは →『クリスタの画像素材(テクスチャ)でアナログ用紙に描いているような質感をだす〜CLIP STUDIO〜

MEMO

質感合成は透明な部分には反映されません。

フォルダー内で使用する場合などは、色を塗ってない(用紙があるため白く見える)部分は色を塗る必要があります。

範囲選択を利用

テクスチャーを貼りたいところを範囲選択します。

→素材パレットからテクスチャーをキャンバスにドラッグ&ドロップします。

テクスチャーを貼り付け

レイヤーマスクができて、範囲選択した部分だけテクスチャが見えるようになります。

レイヤーマスク

レイヤープロパティの「質感合成」をクリックすると薄くなって馴染みます。

質感合成

クリッピングを利用

テクスチャーを使いたい部分に色を付けてクリッピングの方が楽かもしれません。

テクスチャーを反映させたい部分に色を塗ります。

→素材パレットからテクスチャーをキャンバスへドラッグ&ドロップします。

色付き

テクスチャーのレイヤーを色を塗ったレイヤーの真上に移動 →「クリッピング」をクリック

※素材(テクスチャー)レイヤーは設定によって入る場所が変わります。

(デフォルトの「大理石」は設定を変えていなければ一番上に入るので移動が必要です)

クリッピング

色を塗った部分にだけテクスチャーが反映されます。

レイヤープロパティの「質感合成」をクリックしてなじませます。

質感合成

調整する

イラストの一部として利用するには他にも色々と調整が必要だと思います。

  • レイヤープロパティ内の「強さ」を調整する
  • レイヤーの合成モードを変える、不透明度を変更する
  • 模様が連続しない場合は模様をずらす、変形する、など
    (上の四角の場合は上の面や横の面とは本来模様が連続しないはず)

イラストに応じて色々書き加えたりも必要かなと思います。

レイヤーマスクレイヤーマスクの作り方〜CLIP STUDIO〜 桜クリスタの画像素材(テクスチャ)でアナログ用紙に描いているような質感をだす〜CLIP STUDIO〜