クリスタでブラシなどのサブツールをファイルとして保存する

カラーペン

CLIP STUDIO PAINTを使用している人で愛用していたブラシが使用できなくなったという話をたまに目にします。

初期化などで素材の設定が飛んでしまい元に戻せなくなったというものです。

自分でカスタマイズしてたり、ASSETSから素材が削除されたりしていると設定が飛んでしまうと元に戻せなくなります。

そのような場合に備えてサブツールファイル(sutファイル)を書き出して保存しておくと安心です。

クリスタの設定が飛んでも別の場所に保存しておいたファイルを入れ直して使うことができるのです。

ブラシ以外のサブツール、カラーセット、オートアクションセットもファイルとして書き出しできます。

テンプレートは白紙状態でそのままclipファイルとして保存しておけば良いかと思います。

グラデーションマップはサブツールに変更してからならサブツールファイルとして書き出すことはできます。

他にもいろいろあるかもしれませんが、とりあえず自分の気付いたものだけ書いておきます。

↓ グラデーションマップをサブツールに変更する方法の参考

グラデーションクリスタのグラデーションに関するいろいろ〜CLIP STUDIO〜

スポンサーリンク

サブツールファイル(sutファイル)を書き出す

パソコンの場合

サブツールパレットからブラシファイルとして書き出します。

移動したいブラシを選択してサブツールパレットのメニュー→「サブツールの書き出し」をクリックします。

サブツールの書き出し

または、ツール上で右クリック→「サブツールの書き出し」を選びます。

サブツールの書き出し

サブツールファイル(sutファイル)を書き出す場所の選択画面が出るので保存場所を選んで保存します。

サブツールの書き出しの保存場所

サブツールファイル(sutファイル)が保存されました。

ブラシファイル(sutファイル)

iPhoneの場合

書き出したいサブツールを長押ししてメニューを出します。

メニューが出たら下へスクロールして「サブツールの書き出し」をタップします。

ファイル名を確認または変更して「OK」します。

保存場所を選択する画面が出てくるのでわかりやすい場所を選んで「保存」をタップします。

サブツールの書き出しの保存場所

保存したファイルを開くとサブツールファイル(sutファイル)が保存されているのが確認できます。

ブラシファイル

サブツール以外の場合

カラーセットの場合はカラーセットのメニューから「カラーセットの書き出し」を選びます。

オートアクションの場合はオートアクションのメニューから「セットの書き出し」を選びます。

グラデーションマップはサブツールに変更してからサブツールファイルとして書き出します。

(他にも方法はあるかもしれません)

↓ グラデーションマップをサブツールに変更する方法の参考

グラデーションクリスタのグラデーションに関するいろいろ〜CLIP STUDIO〜

サブツールファイル(sutファイル)の読み込み

書き出したサブツールファイル(sutファイル)を使うにはサブツールパレットに読み込みます。

※詳しいことは下のページを参考にしてください。

色鉛筆圧縮(ZIP)フォルダで配布されたブラシなどをクリスタへ追加するやり方~CLIP STUDIO~iPhone圧縮(zip)フォルダで配布された素材をiPhone用クリスタで使う
パソコン用

CLIP STUDIO PAINT PRO :5,000円

CLIP STUDIO PAINT EX :23,000円

PRO→EXアップグレード:18,000円

※新機能を含む無償アップデートは2022年で終了。

重大な不具合に対するアップデートはVer.3が出るまで継続。