Wacomより「macOS10.14.5にアップデートするとタブレットが動作しなくなるトラブル」 公式FAQペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

削除したサブツールを元に戻す方法~CLIP STUDIO~

筆記具

クリップスタジオ体験版を使い始めて間もなくの頃。

使い方がわからずいじっている間にサブツールの中にある定規を消してしまったことがありました。

普通に考えてゴミ箱をクリックして「削除しますか?」の問いかけに「はい」をクリックすれば消えてしまうのですけど、なぜかそうしてしまったのです。

直後に「しまった!」と思ったものの手遅れ状態。

こういう最初からあるものは「初期設定に戻す」的なボタンがあるはず・・・と探しましたがそこまで簡単ではなく。

消去してしまったツールを入れ直さなければいけないようです。

補足

※2018/4/26のVer.1.7.4アップデートにより、サブツールを削除しても簡単に元に戻すことが出来るようになりました。

アップデートについては詳しくはこちら⇒『創作応援サイトCLIP STUDIOアップデータ公開のお知らせ

体験版でもアップデート出来ます。

削除したサブツールを元に戻す(Ver.1.7.4アップデート後)

アップデート後はとても簡単になりました。

サブツールパレット左上のメニュー表示(矢印部分)をクリックし、「初期サブツールを追加」を選択します。

サブツール追加

「初期サブツールを追加」画面が出たら、追加したいツールを選択して「OK」するだけです。

初期サブツールを追加

「今までの面倒なやり方(下記)は何だったんだ・・・」というくらい簡単になりました。

MEMO
サブツールのメニューで「初期サブツールを追加」が出ない場合はバージョンが古いと思われます。アップデートして追加してください。

※バージョンの確認とアップデートの仕方はこちら。

色鉛筆アップデートのやり方とバージョンの確認~CLIP STUDIO~

削除したサブツールを元に戻す(Ver.1.7.4アップデート前)

※2018/4/26のVer.1.7.4アップデート前までの方法。

注意
現在では『サブツール一式』はダウンロードできなくなったようです。

以前にダウンロードしたものがあるというのでなければ、アップデートしないと元には戻せないと思われます。


サブツールを元に戻すには、CLIP STUDIOのホームページから初期のサブツールセットをダウンロードし、それを読み込ませます。

サブツール一式をダウンロード

『創作応援サイトCLIP STUDIO』⇒『ダウンロード』⇒『ソフトウェア』から『サブツール一式』をダウンロードします。

そのまま保存をすると、おそらく「ダウンロード」フォルダにZIP形式のフォルダとして入ります。

「名前を付けて保存」にすれば、名前と保存先は変更できると思われます。

サブツール

 

圧縮されたフォルダを展開

この状態ではフォルダが圧縮されているため、展開(解凍)します。

windows10の場合は、ZIPフォルダを開くと下図のように「すべて展開」と出てくるのでクリックします。

または、ZIPフォルダを選択すると「圧縮フォルダーツール 展開」という部分が出るので、クリックすると「すべて展開」と出てきます。

サブツール2

 

展開先をいじらなければ、同じフォルダ内に展開されたフォルダができます。

ZIPフォルダ(サブツール)を展開

 

または、圧縮されたフォルダ内から、必要なツールだけ別の場所に保存しても大丈夫です。

下図では、「定規ペン」をドラッグ&ドロップで、一旦デスクトップに保存してます。

サブツール3

必要なツールを読み込む

CLIP STUDIOに戻り、サブツール「定規」を開き、左横(矢印部分)をクリックし、「サブツールの読み込み」を選びます。

サブツール4

 

必要なサブツールを保存した場所を開き、読み込みます。

〈ダウンロードフォルダ内で展開した場合〉

サブツール8

〈デスクトップに保存した場合〉

サブツール5

 

または、保存したツールを直接サブツールパレットにドラッグ&ドロップしても読み込めます。

(圧縮されたフォルダからのドラッグ&ドロップでは出来ないので、一旦どこかへ保存する必要はあります)

サブツール6

 

これで削除してしまったサブツールが元に戻ります。