クリスタのブルースクリーンエラー解決(Edgeを最新版に)

Mac版クリスタ Ver.1.11.0よりアプリケーションフレームに対応

2021年9月28日のVer.1.11.0アップデートでMacを使用する多くの人が待ち望んできた(と思われる)アップデートがありました。

Mac版クリスタは今までコマンドバー、キャンバスウィンドウ、その他のパレットが分離していました。

それがメニューバー以外は一つにまとめられるようになったのです。

(アプリケーションフレームというらしい)

おかげでコマンドバーも隠れず下図のようにきれいにまとまるようになりました。

Mac版クリスタ アプリケーションフレームを利用
Mac版クリスタ アプリケーションフレーム利用後

アプリケーションフレームの利用方法

メニューバーの「CLIP STUDIO PAINT」から「環境設定」を選びます。

環境設定

「環境設定」画面が出たら、左側から「インターフェース」を選び「アプリケーションフレームを使用する」にチェックを入れます。

CLIP STUDIO PAINTを一度閉じて再起動します。

インターフェース

最初は下図のようにコマンドバーがキャンバスの上に出るようになっただけで、パレットは分離したままになるかもしれません。

パレットはドラッグでフレームの中に入れていきます。

「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「基本レイアウトに戻す」でもフレームの中にパレットが入った状態になりますが、他に変更したところも戻ってしまいます。

Mac版クリスタ

↓ フレームをずらしたところ。

Mac版クリスタ

パレットをフレームの中に移動する

移動したいパレットの上の部分にカーソルを置いてフレームの中にドラッグして入れていきます。

パレットを移動

↓ ツールパレットを入れたところ。

ツールパレット移動後

メニューバー以外はフレームの中に入れられるので必要に応じて入れていき、最後に最大化するときれいに収まります。

最大化

↓ 一番下のタイムラインを入れ忘れてましたが、これもフレームの中に入れられます。

Mac版クリスタ

基本レイアウトに戻す

メニューバーの「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「基本レイアウトに戻す」を選びます。

基本レイアウトに戻す

すべてのパレットがフレームの中に入ったきれいな基本レイアウトになります。

ただ、自分で移動しておいた部分(図ではブラシサイズやカラーパレット周り)も元の場所に戻ってしまいました。

基本レイアウト