メディバンペイントのサブスク導入問題と対処法

絵を描く

メディバンペイント(MediBang Paint)が9/2にアップデートした後、「作品が開けない」「保存できない」「レイヤーが統合されてる」といったTweetが大量に出ました。

メディバンは9/2よりサブスクリプションサービス「MediBang Premium」を導入。

それまで無料で無制限に使用できたクラウド容量に制限がついたそうです。

そのため、クラウドを無料の範囲内(3GB)を超えて使用していたユーザーはクラウドに保存していた作品を自由に扱うことができなくなったのです。

Twitterをやっていない人には状況がわからないかもしれないので重要そうな点をまとめてみました。

注意

普段使っていない人間が主にTwitter情報をまとめたものです。

Twitterで検索すると実際のユーザーさんによる対処法などがあるので確認してみてください。

症状

よく見かける症状は下記のようなもの。

  • 「保存できない」「書き込み権限がない」といったエラーメッセージが出る。
  • レイヤーが結合された状態になる。

描き途中の作品を保存できなくなり、クラウド内の作品も取り出せなくなったようです。

また、保存している作品のレイヤーが一つに結合した状態になり、ショックを受けてる人も多くみました。

使用しているクラウドストレージ容量を確認することと、ファイルを削除することはできるようです。

原因

サブスクリプションサービス「MediBang Premium」の導入により、無制限で使用することのできたクラウド容量に制限が付いたことが原因です。

無料では3GBしか使えなくなり、それを超えて使用していたユーザーはクラウド内の作品を取り出せなくなりました。

クラウドを使用せず端末に保存していたり3GB以内で利用しているユーザーは特に問題はなかったようです。

対策

ファイルを削除して3GBに抑えるか、使用している容量に応じたサブスクに申し込むとレイヤーも元通りになり使用できるようになるようです。

スマホやiPadのアプリをアップデートして月額払いで申し込む2ヶ月間無料トライアルがあるそうなので、その間に作品を移動するのが無難かと思います。

サブスクに課金して使い続ける予定であれば、Webから年額払いを申し込む方がお得です。

(年額払いの場合は2ヶ月間の無料トライアルはないようですが)

アプリからの申し込みで、パソコン版も使用でき端末保存もできるようになるそうです(起動し直す必要はあるかもしれません)。

(Q&Aによると、連携したMediBangアカウントでMediBang Paintにログインすると、サブスク特典を各デバイスで利用することが可能、とのこと)

また、Q&Aには「ストレージ超過分の作品ファイルは一定期間で削除される」とあるので、大事な作品があればはやめに対応した方が良いかと思います。

アプリから申し込み(無料トライアルあり)
  • クラウド容量 20.0GB ¥350/月
  • クラウド容量 100.0GB ¥550/月
  • クラウド容量 300.0GB ¥1080/月
Webから申し込み(無料トライアルなし)
  • クラウド容量 20.0GB ¥2,480/年
  • クラウド容量 100.0GB ¥3,980/年
  • クラウド容量 300.0GB ¥7,980/年

↓ サブスク「MediBang Premium」についてのQ&A

↓ クラウドストレージ容量を確認する方法(ページの下の方にあります)

「MediBang Premium」についてとWebからの申し込み

注意

繰り返しますが、あくまでTwitter情報をまとめただけなので、必要に応じて確認してください。

他にも対処方法などがあるかもしれません。

その他の不具合

アップデート後他にもいくつか不具合が出ているみたいです。

公式から案内が出ている分。

ログインできない場合

使用していたメディバンペイント(MediBang Paint)から勝手にログアウトされてログインできない場合もあるようです。

これは最新版にアップデートするとログインできるようになる場合が多いようです。

2本指で拡大・縮小できなくなる

アップデート後2本指ジェスチャで拡大・縮小ができなくなる・固まるとツイートしている人も多く見ました。

Twitterで開発者の方が情報提供を呼びかけたりもしていたのでチェックしてると良いかもしれません。