Amazon「現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント」キャンペーン復活!

ベクターレイヤーの便利な使い方~CLIP STUDIO~

ペンとノート

CLIP STUDIO PAINTのレイヤーにはラスターレイヤーとベクターレイヤーがあります。

ベクターレイヤーにはラスターレイヤーでは使用できない機能があるので、うまく使えたらとても便利です。

そのうちのいくつかをご紹介・・・というより自分の覚書。

(他にも色々あるようですが使いやすそうなものから)

上から「ベクター用消しゴム」「ベクター線つまみ」「ベクター線つなぎ」を利用してます。

ベクター消しゴム

ベクター線つまみによる修正

ベクター線つなぎによる修正

この機能を使ってみる→『ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

ベクターレイヤーの出し方

ベクターレイヤーの出し方①メニューから出す

レイヤーパレットのメニュー(下図①)から「新規レイヤー(②)」⇒「ベクターレイヤー(③)」を選びます。

新規ベクターレイヤー作成

名前を付けて「OK」します。

新規ベクターレイヤー作成

ベクターレイヤーの出し方②アイコンから出す

レイヤーパレットの「新規ベクターレイヤー」アイコンをクリックするだけでもOKです。

新規ベクターレイヤー

ベクターレイヤーにはベクターレイヤーのマーク(下図オレンジ矢印)が入ります。

ベクターレイヤーマーク

ベクターレイヤーの便利な使い方①ベクター用消しゴム

ベクター消しゴム

ベクターレイヤーで交差する線を書きます。

「消しゴム」ツール内「ベクター用(消しゴム)」で線の先の方(矢印の辺り)を消してみます。

(ツールプロパティで「交点まで」となってることを確認しておきます)

ベクター用消しゴム

すると、下のように交点までがすべてきれいに消えます。

ベクターレイヤー消しゴム

ベクターレイヤーの便利な使い方②線修正

ツールパレットから「線修正(下図の左下黄色矢印)」を出します。

「線修正」には、ベクターレイヤーの線を修正するサブツールが色々集まっています。

線修正

ベクター線つまみ

髪の毛の先など引きたい線がずれてしまった時などに、線をつまんで移動できます。

ベクター線つまみによる修正

「線修正」⇒「ベクター線つまみ」を選びます。

上図のように修正する場合には「ツールプロパティ」の「端の固定」を「一方の端を固定」または「両端自由」にして、片方の線のみつまむようにして移動します。

絵の大きさ等に応じて「つまみ加減」や「効果範囲」を調整するとやりやすくなります。

ベクター線つまみ

ベクター線つなぎ

少しだけ開いてしまった線をつなげたい時に利用します。

ベクター線つなぎ

「線修正」⇒「ベクター線つなぎ」を選び、つなぎたい部分をなぞります。

こちらも「ツールプロパティ」で「ブラシサイズ」等を調整するとやりやすくなります。

ベクター線つなぎ画面

線幅修正

線の幅を太くしたり細くしたりもできます。

指定幅で太らせる

ベクター線太くする

「線修正」⇒「線幅修正」を選び、ツールプロパティで「指定幅で太らせる」にチェックを入れ、太くしたい線をなぞります。

線幅修正

なぞったところが太くなります。

緑の線のサイズも変更できるので、一部だけ太くしたりもできます。

線をなぞる

指定幅で細らせる

ベクター線細くする

「線修正」⇒「線幅修正」を選び、ツールプロパティで「指定幅で細らせる」にチェックを入れ、細くしたい線をなぞります。

指定幅で細らせる

他にも色々ありそうです

ベクターレイヤーの便利な機能は色々あります。

ここに書いたのは一部のみで他にもあると思います(まだ把握できていませんが・・・)。

ペイントソフトの中でもベクターレイヤーがあるソフトとないソフトがあるようです。

せっかくなので便利に利用しましょう。