クリスタ:GOLD素材購入で同じ数のCLIPPYをプレゼント 〜5/10 13:00

テンプレートの作り方(レイヤー構成をテンプレートにする)〜CLIP STUDIO〜

テンプレート

イラストを描く時、レイヤーに名前をつけるのがとても面倒です。

ですが、名前を付けずにいるとどのレイヤーに何を描いているのかわからなくなってしまいます。

(ハイライトを描いたレイヤーを加算発光しようとしたら間違えて影も同じレイヤーに描いてた、とか)

よく使うレイヤー構成が決まっているなら名前を付けたレイヤーをテンプレート登録しておくと便利です。

下準備

元にするレイヤーを作成

テンプレートで使う用によく使うレイヤー構成に名前を付けた白紙の物を用意します。

下は例としてざっと作った物なのでもっと多い人も少ない人もいると思います。

(フォルダーも使えます)

イラスト用レイヤー構成

フォルダーを作成

※わかりやすくするために作りましたが、元々あるフォルダーにいれても大丈夫です。

素材パレットの左下の「素材フォルダーの作成」アイコンをクリックします。

(「すべての素材」フォルダーを選択しているのでこの直下に新しいフォルダーができます)

素材フォルダーを作成

わかりやすい名前に変更します。

(今回はとりあえず「レイヤー」とします)

フォルダー名

素材登録する

「素材登録」からテンプレートを作る場合は「用紙」以外のすべてのレイヤーが登録されます。

メニュー画面の「編集」→「素材登録」→「テンプレート」を選択します。

素材登録(テンプレート)

「素材名」を入力して「素材保存先」を選びます。

(「素材保存先」は最初「すべての素材」しか表示されていないのでダブルクリックで開きます)

素材のプロパティ

素材パレットの指定したフォルダにテンプレートができました。

レイヤーテンプレート

利用方法

新規用紙から出す方法と用紙を出してから追加する方法があります。

新規用紙から出す

新規用紙から出す場合は、左下の「テンプレート」にチェックを入れ、テンプレートを選びます。

新規用紙

テンプレート選択画面。

最初から入っているデフォルトのテンプレートも出てきます。

表示順はおそらく名前順で「数字→アルファベット→カナ(片仮名平仮名)→漢字」

登録したレイヤーに用紙をプラスした状態で開きます。

レイヤーパレット

用紙を出してから追加する

用紙を出した後にテンプレートを追加するには以下のような方法があります。

  • キャンバスにドラッグ&ドロップ
  • レイヤーパレットにドラッグ&ドロップ
  • 「素材の貼り付け」アイコンをクリック
テンプレートの利用

登録したレイヤーが追加されました。

テンプレート利用

簡易版:レイヤーを選択して登録

MEMO

正式なテンプレート登録ではないと思います。

新規用紙を作成するときにはテンプレートとしては出てきません。

あくまでこういう方法もあるよという感じです。

登録したいレイヤーだけ選択してそのままドラッグ&ドロップしても登録できます。

レイヤーを選択して「フォルダー内の素材をすべて表示」部分にドラッグします。

赤い枠が出てきたら登録できます。

※用紙を選択していると移動できないので選択しないようにします。

テンプレートをドラッグ&ドロップ

名前は選択した中で一番下のレイヤー名になります。

レイヤーテンプレート

利用するときは新規用紙を出してから追加します(上記参照)。

白紙でないテンプレートの注意

例えば中心点を描いたレイヤーや定規をおいたレイヤーなど、白紙ではないレイヤーも登録できます。

レイヤー構成を登録する場合と違って注意する点もあります。

わたしが気付いたのは以下2点。

他にも色々ありそうですが。

  • 素材登録(テンプレート)から登録した場合、解像度の違う用紙では見えなくなったりする
  • 簡易版で登録したものをキャンバスへのドラッグで利用すると位置がずれる
キャンバスの中心クリスタでキャンバスの中心を見つける方法〜CLIP STUDIO〜

全商品ポイント15%還元 4/30まで
タワーレコードオンライン
全商品ポイント15%還元 4/30まで
タワーレコードオンライン