電子書籍ショップとアプリ(Mac用)の違い〜Kindle、DMMブックス、honto〜

花と本

電子書籍の購入には「Amazon Kindle」「DMMブックス」「honto」を利用しています。

最初は専用端末「Kindle Paperwhite」を持っていることもあり「Amazon Kindle」で統一しようと思っていました。

それが、お得なキャンペーンなどがありだんだん増えてきています。

電子書籍はそれぞれ専用のブックリーダーまたはアプリが必要なのが面倒なところです。

ただパソコンの場合は複数のアプリを並べて表示できるので、複数の書籍を参考にするのには便利です。

(例えば片方にポーズ集、もう片方にペイントソフトの参考書、など)

他の本を見たいときにライブラリに戻る手間もかかりません。

複数のお店で電子書籍を購入してみると違いが気になることもあるので、気付いたところのみ覚え書き。

機能などは気付いていないだけということもあるかもしれません。

※アプリはパソコン用(Mac)

アプリダウンロードページ

パソコンから開いた場合は対応するアプリを選択します。

スマホの場合は開いている端末に対応するアプリのみ出てきます(たぶん)。

ブラウザで読めるか

購入した電子書籍はブックリーダーアプリを起動しなくてもブラウザから読める場合もあります。

Kindleはマンガ、雑誌、洋書のみ対応しています。

DMMブックスは特に制限の記載はありませんが、本の下の数ミリが見れません(ほぼ影響ない程度)。

hontoは商品ページに「ブラウザ」と記載のある商品のみ対応(主にマンガ)。

  • Kindle:マンガ、雑誌、洋書のみ対応
  • DMMブックス:読める
  • honto:主にマンガのみ対応

スクリーンショットは取れるか

スクリーンショットを何に使うかというと、ペイントソフトに読み込んだりサブビューに出して参考にしたりしたいのです。

(トレス等の許可のないものは練習としてのみ使用して表には出しません)

DMMブックスのアプリでスクリーンショットを撮ると一面グレイになります。

トレスOKのポーズ集でもそうなるので、スクリーンショットを撮りたい場合はブラウザで開かなければなりません。

  • Kindle:できる
  • DMMブックス:できない(ブラウザではできる)
  • honto:できる

シリーズのまとめ表示

DMMブックスやhontoは、シリーズものは自動的にフォルダにまとめられます。

本を開くまでにワンステップ多いので面倒に感じることもありますが、巻数の多い漫画や小説を読む時には便利です。

正直このシリーズ自動まとめ機能はKindle Paperwhiteにこそ欲しかったです。

漫画や小説を一気に読み返したいときに続きを探すのがとても面倒なので。

(Kindle Paperwhiteでは「コレクション」という機能でまとめられるのですが、毎回手動でコレクションを作成するほどマメではなく。。。)

そしてMac用のKindleアプリには手動でまとめる機能もないようです。

  • Kindle:なし(Paperwhite用アプリでは手動 Android用アプリでは漫画は自動)
  • DMMブックス:自動
  • honto:自動(OFFにもできる)

価格

通常価格はKindleが少し安めの本が多いです。

DMMブックスは年に数回ほとんどの商品が対象の50%ポイント還元セールあり。

hontoは20〜25%OFFのクーポンをかなり頻繁に配っていて、他に出版社やジャンルで使えるクーポンなど常に何種類ものクーポンが取得可能。

また、本によってはhontoの通販か丸善・ジュンク堂・文教堂といった提携書店で購入していればその後5年間は電子書籍が50%OFFになるというサービスもあります。

インプレスグループの50%OFFなど出版社主導?と思われるセールはどのショップでも大体共通ですが、期日は違うこともあり。

他にショップ特有のセールもあります。

(例えばDMMブックスで50%OFFなのにKindleでは通常価格なども見たことがあります)

検索時の注意

AmazonはKindleに限らないで言うと新しい商品が検索上位に出にくいように思います。

全てのカテゴリーで商品名を検索しても出てこない商品が、カテゴリーを変えたり並び替えをすると出てくることがあります。

DMMブックスはシリーズものは検索結果に1巻目しか出てこないのがわかりにくいです。

下の方の「1〜◯巻を見る」をクリックしないと他の巻が出てこないのです。

マンガなどはまだわかりやすいですが、イラスト参考書などはシリーズものでも題名が違ったりするので存在しないと勘違いしてしまいます。

DMMブックス検索の注意

hontoは「セーフサーチ」という性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能がデフォルトでONになっています。

ポーズ集はイラストの参考にする目的のものであっても表示されないことがあります。

(例えばハイパーアングルポーズ集の電子書籍版は表示されません)

検索窓の右横の「セーフサーチ」のチェックを外すと全ての作品が表示されます。

セーフサーチ
アプリダウンロードページ

パソコンから開いた場合は対応するアプリを選択します。

スマホの場合は開いている端末に対応するアプリのみ出てきます(たぶん)。

本パソコンでAmazon Kindleの本を読むやり方 観葉植物紙の本を買えば電子書籍が50%OFFになるhontoの読割50がうらやましい 本棚の猫DMMブックスMac用アプリのインストールでエラーが出た時