Amazon「現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント」キャンペーン復活!

液タブ『Wacom Cintiq Pro 13』の接続・設定とデュアルディスプレイのやり方

Wacom Cintiq Pro 13

液タブ『Wacom Cintiqシンティック Pro 13』を購入したので、その接続方法などを簡単に。

使用してみた感想などはこちら →『液タブ『Wacom Cintiq Pro 13』を使ってみた

Mac miniでの接続と設定はこちら →『Macでの液タブ『Wacom Cintiq Pro 13』の接続・設定(macOS 10.14 Mojaveでのドライバの設定)とミラーリングのやり方

接続

接続は思っていたより簡単でした。

接続方法は以下の4つの方法があります。

  1.  ディスプレイポートオルタネートモード対応USB Type-Cポート
  2.  Mini DisplayPort*およびUSB-Aポート*
  3.  DisplayPort*およびUSB-Aポート*(DisplayPort-Mini DisplayPortケーブルが別途必要、DisplayPort-Mini DisplayPortケーブルは同梱されていません。)
  4.  HDMIポート*およびUSB-Aポート*(ハイスピードHDMIケーブル3m以内、1m推奨が別途必要。HDMIケーブルは同梱されていません。)

*付属のWacom Link Plus経由

パソコンにUSB Type-Cポートがあれば直接接続できるのですが、あいにく古いパソコンにはありません。

わたしのノートパソコンでできるのは「4.HDMIポート+USB-Aポート」の接続のみです。

HDMIケーブルは付属していないので、以前購入したLGディスプレイのHDMIケーブルを利用して接続しました。

(これによりディスプレイはしばらく置物と化しました)

写真のような「Wacom Link Plus」を介して接続します。

HDMIケーブル以外は付属しています。

Wacom Link Plus

 

ノートパソコン側

パソコン側の接続

 

「Mini DisplayPort」や「DisplayPort」を利用する場合は上の写真のHDMIケーブルが、それぞれ「Mini DisplayPortケーブル」、「DisplayPort-Mini DisplayPortケーブル」に変更になります。

「Mini DisplayPortケーブル」は付属しています。

「DisplayPort-Mini DisplayPortケーブル」は付属していないので、自分で用意する必要があります。

ドライバのインストール

ドライバは公式ページからダウンロード、インストールします。

下記ページから製品を選んで使い方ページへ。

参考 Getting StartedWacom

あるいはドライバダウンロードのページから製品とOSを選んでもOKです。

参考 ドライバダウンロードWacom

セットアップ

ドライバをインストールすると自動的にデスクトップセンターやセットアップウィザードなどが出るのでセットアップをします。

流れとしては「Intuos」と変わりなかったと思うので省略。

デスクトップセンターやセットアップウィザードが出なかったり閉じてしまった場合は自分で開き直してセットアップできます。

特典ソフトウェアなどはないので、製品登録はしませんでした。

絵の具Wacom Intuosセットアップと製品登録、Wacom ID作成のやり方 机の上Wacomデスクトップセンターの開き方とセットアップウィザードの実行

タブレットのプロパティ

デスクトップセンターから設定を変更したいものを選んで開きます。

または、スタートメニューからも開けます。

当たり前ですが、設定できる場所は「Intuos」より多いです。

下はペンのテールスイッチの設定。

押すとペン先が消しゴムになるのかと思ったら、ペンをひっくり返して後ろの部分を直接画面にあてて使うものでした。

正直細かい部分には使えないので、ペン側面のボタンを消しゴムにしてもいいかもしれません。

注意
CLIP STUDIO PAINTを使用する場合、CLIP STUDIO PAINT側のテールスイッチの設定が優位に働くようでこちらの設定は反映されません。

タブレットのプロパティ

 

デュアルディスプレイにする場合

液タブには最初はパソコンのディスプレイと同じ画面が表示されます。

パソコンに違う画面(参考イラストやペイントソフトの使い方の説明など)を表示させたい場合はデュアルディスプレイにもできます。

パソコンのデスクトップ上で右クリックして、「ディスプレイ設定」を選択します。

ディスプレイ設定

 

ディスプレイ設定の画面が現れます。

display設定

下へスクロールし、「複数のディスプレイ」から「表示画面を拡張する」を選びます。

(最初は「表示画面を複製する」になっています。)

表示画面を拡張する

「表示画面を拡張する」を選ぶとディスプレイの図が「画面1(パソコン画面)」と「画面2(液タブ画面)」で分かれた状態に変わります。

ディスプレイを拡張(左右)

この状態でスクリーンショットを撮ると、下の図のように二つの画面が左右に並んで撮れます。

実際は左半分がパソコン画面(画面1)、右半分が液タブ(画面2)に表示されています。

(液タブ(画面2)には最初はデスクトップ画面が表示されるので、ペイントソフトの画面はパソコン画面(画面1)からドラッグ&ドロップで移動します)

この場合はカーソルを移動する時はマウスを横へ移動します。

画面を左右に

 

パソコン画面(画面1)と液タブ画面(画面2)の位置を変更することもできます。

右側にあった「画面2」をドラッグ&ドロップで下へ持っていき、「適用」をクリックします。

表示画面を拡張(上下)

スクリーンショットで撮る画面も上下になります。

カーソル移動はマウスを上下に動かします。

画面を上下に

 

デュアルディスプレイで線がずれる場合

デュアルディスプレイでCLIP STUDIO PAINTを起動すると、カーソルと描いた線がずれる場合があります。

液タブでもデュアルディスプレイにしたり元に戻したりとしていたら、線がずれる時とずれない時がありました。

最初「線が描けない」と焦るのですが、ペン先を画面いっぱいに動かすと反対側の端の方にちらっと線がひかれたりします。

その場合の対処法は公式で説明があるので参考にしてください。

参考 【Windows10】複数のディスプレイを接続している環境でペンの座標がずれてしまう | CLIP STUDIO PAINTのよくある質問CLIP STUDIO | 創作応援サイト

こちらの記事にも少し書いています。

クレヨンデュアルディスプレイでのCLIP STUDIOとIntuosの設定

(ちなみに描画色を白にしていて「線が描けない!?」と焦ることも多い・・・)