Amazon「現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント」キャンペーン復活!

ラスターレイヤーとベクターレイヤー~CLIP STUDIO~

色鉛筆と余白

CLIP STUDIO(クリスタ)のレイヤーには、ラスターレイヤーとベクターレイヤーがあります。

レイヤーを増やすことすら慣れないのに・・・という感じですが、うまく使い分けが出来ればとても便利そうです。

簡単に言えば、ラスターレイヤーは絵を描く作業のほとんどが行えるレイヤーで、ベクターレイヤーは線画を描くのに便利なレイヤーです。

ラスターレイヤーとベクターレイヤーの特徴

ラスターレイヤー

ピクセル単位で色を付けることができる基本のレイヤー。
塗りつぶしや色をぼかしたりでき、絵を描くほとんどの作業が行える。
画像は点でできているので、画像を拡大処理すると劣化が見られる。

ベクターレイヤー

線画に特化したレイヤーで、線をどのように描いたかをデータとして記録するため、後から編集ができる。
線以外の塗りつぶしやぼかしなどはできない。
画像を拡大処理や縮小処理をしても画質が変わらない。

ベクターレイヤーの便利なところ

「ラスターレイヤーでほとんどの操作ができるならベクターレイヤーを使う必要ないのでは?」とも思いますが、ベクターレイヤーならではの便利な利用方法もあります。

例えば下図のような、線を交差させた場合その交点までをきれいに消したり、線をつなげたりということが簡単にできます。

ベクター消しゴム

ベクター線つまみによる修正

ベクター線つなぎによる修正

詳しいやりかたはこちら。

ペンとノートベクターレイヤーの便利な使い方~CLIP STUDIO~

 

ただ、ベクターレイヤーでは塗りつぶしなどができないので、線画を描いてそのままバケツツールで塗りつぶしをしようとして「なんで出来ない!?」となったりします。

ベクターレイヤーのままバケツツールを選択すると、カーソルが下のような使用禁止マークになります。

    使用禁止 

 

\30日間の無料体験あり/