ポインター(カーソル)変更~openCanvas~

矢印

ペイントソフトにおいて、初期設定のポインター(カーソル)が描きにくい時の変更の仕方について、先日はCLIP STUDIOのカーソル変更について書きました。

 ⇒ ポインター(カーソル)の変更方法~CLIP STUDIO~ 

今度はopenCanvasでの変更について書いてみたいと思います。

初期設定

openCanvasでは、最初はこのような〇の中に小さい点があるポインターになります。

中央の点に線が引かれます。

慣れれば平気なのかもしれませんが、少々描きにくいです。

ポインター

 

カーソル(ポインター)を変更

まずは「編集」→「環境設定」を開きます。

カーソル変更oc

「カーソル・グリッド」内、描画カーソル内の「標準」にチェックを入れます。

カーソル変更8oc

これで下のように変更されます。

左が「ペンツール」、右が「ブラシツール」のポインターです。

カーソル変更10oc カーソル変更11oc

 

openCanvasの他のカーソル(ポインター)

さらに他のカーソル(ポインター)に変更したいときは、

「環境設定」→「カーソル・グリッド」→「描画カーソル」内の「標準」にチェックを入れ、脇の「参照」をクリックします。

カーソル変更4oc

このような画面が開くので、「ocPaint」を選択します。

カーソル変更5oc

下のようなポインターに変更されます。

カーソル2oc

Windows内のカーソルを利用する

Windows内のカーソルを利用することもできます。

上の画面で、「ローカルディスク(C;)」→「Windows」→「Cursors」を開きます。

カーソル変更6oc

Windows内のカーソルから選択できます。

カーソル変更7oc

カーソル3oc

ブラシサイズの円を消す

ちなみに、クリップスタジオで邪魔に感じたブラシサイズの円はこちらでも出ます。

カーソル変更12oc

これは「環境設定」→「カーソル・グリッド」内、「ブラシサイズ」のチェックを外せばなくなります。

カーソル変更9oc