『Wacom Cintiq 22』7/25発売!予約受付中。Wacomストアで見るペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

パース定規~CLIP STUDIO~

ノートと文房具

CLIP STUDIO(クリスタ)のパース定規について勘違いをしていました。

ツールの「定規作成」から「パース定規」を選んで使ってみたのですが、

「自分の思っていたパース定規と違う・・・クリックすると線が引かれてしまうからうまく引けないし、移動や角度の変更もできない・・・」

などと思っていました。

これはどうやら根本的に間違っていたようです。

パース定規はレイヤーメニューから出す方が簡単にきれいに出せます。

また、定規ツールから出した場合でも移動や角度の変更はできました。

パース定規をサブツールから出す

下がサブツールの定規からパース定規を選択して作成したところ。

自分が引くと、高確率で横になってしまいます。

パース定規サブツール

パース定規をレイヤーメニューから出す

ユーザーガイド(ネットで見れます)を見たところ、パース定規は右側のレイヤーメニューから出すようです。

右側の赤い数字の順に「①レイヤーメニュー」→「②定規・コマ枠」→「③パース定規の作成」と選びます。

(この方法で出すとサブツールは自動的に「操作」の「オブジェクト」になります(黄色い〇部分を確認)。)

パース定規作成

真ん中に「パース定規の作成」画面が出てくるので、作成したいパース定規を選びます。

パース定規作成4

「1点透視」を選択すると、下図のようなきれいなパース定規が作成されます。

移動は変更を行なうには、サブツールが「操作」の「オブジェクト」になっていることを確認して、定規上をクリックします。

パース定規作成5

下のような画面になると、移動や変更などが出来るようになります。

パース定規作成3

ツールプロパティからグリッドも出せます。

(「ツールプロパティ」画面が「ブラシサイズ」画面に隠れていることがあります。出し方は『「定規にスナップ」とは?』の『補足:ツールプロパティの出し方』参照)

これが自分の想像していたパース定規でした。

パース定規クリスタ2

サブツールから出したパース定規の移動と変更

ちなみに、サブツールから出したパース定規でも移動や角度の変更などは出来ます。

自分が気付かなかっただけでした。

サブツールを「操作」→「オブジェクト」として、定規上をクリックすれば出来るようになります。

パース定規作成2

 

参考 CLIP STUDIO PAINT ユーザーガイドCLIP STUDIO PAINT