Wacomより「macOS10.14.5にアップデートするとタブレットが動作しなくなるトラブル」 公式FAQペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

15年物の万年筆とインク

万年筆は以前書いた『調子の悪い万年筆』とは別に、もう1本持っています。

実はこちらが一番最初に買った万年筆。

友人に筆記具専門店のようなお店に連れて行ってもらって、勧められるままに購入したもの。

当時は知らなかったのですが、王道中の王道のもののようです。

こちらもしばらく使ってなかったので、洗浄してインクを抜いて保管していました。

万年筆スーベレーン

こちらまで調子悪かったらどうしようと思っていましたが、大丈夫なようです。

セットになっているインクも当時のもの。

もう古くなって使えないとは思いますが、なんとなく捨てられずにいます。

この万年筆とインクはどうやら2003年1月に購入したようなので、約15年ほど前のものです。

MEMO
インクの使用期限は、一般的には2~3年のようです

思えばCROSSの万年筆が調子が悪いのも最初に古いインクを入れてしまったためでしょうか。

いつまででも使用できるような気がしてしまっていたのです。

(そのインクも一緒に買った15年もの・・・)

今は新しいインクを買って使ってます。

 

元々文房具は好きな方で、特に万年筆には憧れを持っていました。

結局使わずにしまい込んでいた人間ですけど、憧れというのはそう簡単に消えないものなのか、また色々欲しくなったりしてます。

究極の面倒くさがり人間なので、手入れの必要なものはやめておいた方がいいと頭の中の冷静な部分ではわかっているのですけどね。

 

もう少し気軽に使える1本が欲しいと思ったり。

写真のスーベレーンはいわゆる高級万年筆と言われる種類のもののようで、そこそこのお値段です。

趣味に思う存分お金を使えた実家暮らし時代のなごりです。

 

しかし、万年筆にはものすごいお値段のものがあるのですね。

・・・びっくりです。