Wacomより「macOS10.14.5にアップデートするとタブレットが動作しなくなるトラブル」 公式FAQペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

【体験談】健診(検診)バスで職場の健康診断を受ける

水とタオル

現在勤めている職場は人数が多いため、健診バスに来てもらって健康診断を受けます。

「健診バスなんて大学の時以来では・・・」ととても不安だったのですが、終わってしまえば楽でした。

※婦人科系の健診はなし

病院での健康診断と健診(検診)バスでの健康診断:服装の違い

今まで経験した職場健診は大きい病院が多く、健康診断用の専用施設がありました。

ここで健康診断を行う場合、まず検査着に着替えてから各検査場所をまわり健診を受けます。

男性も一緒なので微妙に恥ずかしいです(場所によるかもしれませんが)。

健診バスが職場に来る場合、必要に応じてバスの中だけで着替えます。

黒のTシャツとジャージで行ったら着替える手間はほとんどありませんでした。

(うちの職場は動きやすい服装であればなんでも大丈夫なので、普段からTシャツ・ジャージの人は多いです)

ちなみに、女性の検査中は「女性検査中」のステッカーが貼られ、男性はバスの外で待ってるよう指示されてました。

健診(検診)バスでの健康診断:個別の検査

胃部バリウム検診

一番不安だった胃部バリウム検査。

これは生活習慣病予防検診(35歳以上)で増える検査です。

(生活習慣病予防検診があるかどうか健康保険組合によると思われます)

会社によっては胃カメラなどに変更可能なところもあります。
(その場合の差額はおそらく自費)

検査をする時の服装に関する注意

検診機関からの注意事項

◎健診時は、下着を含め上半身の着衣を脱いでいただきます。
ただし、次のものは着用して構いません。

  • 薄手のシャツ、Tシャツ(ししゅう、プリント柄、ボタンのないもの)
  • 薄手のキャミソール、スリップ(ノンワイヤー、背中などにホックがないもの)

 ブラトップのような、カップ付きインナーは脱いでください。

◎ネックレス、磁気シール、ボディースーツ、コルセットなどは外していただきます。

◎ズボン、スカート、ストッキングなども脱いでいただきます。
ただし、ズボン下、ハーフパンツなどは、少し下げていただければ構いません。

説明書を読むととても不安になりますが、検査着が用意されてるので着替えればよいだけです。

無地の黒Tシャツとジャージだったら、ブラジャーを外すだけでした。

ジャージでなくても、ボタンやチャックの付いてない服ならよいと思われます。

肝心の検査も大変なのですけどね・・・とりあえず服装に関する心配はしなくてもよかったです。

薬【体験談】胃部バリウム検診(エックス線検査)を受ける

胸部X線撮影

検診機関からの注意事項

  • 上半身は、無着衣での撮影が原則ですが、平織で無地のTシャツか肌着なら1枚の着衣は構いません。
  • ネックレス類・ブラジャーは、必ずはずしてください。(スポーツタイプのブラジャーも、はずして頂きます。

検査着は用意されていなかったような・・・?

注意書きには無地のTシャツと書いてありますが、プリント柄でも大丈夫と言われました。

これは技師さんによるのかもしれません。

心電図検査

検診機関からの注意事項

  • 受診時は、上着を脱いで、胸部、手首、足首を出した状態で受診します。
  • ストッキング、ボディスーツは、着用しないでください。

以前、検査着に着替えずに心電図を受けた時には靴下やブラジャーは脱いでいたのですが、ここでは靴下は下げてブラジャーは上げればいいだけでした。

はやくて楽です。

技師さんはさすがに女性でした。

その他

その他にも身長・体重・血液・尿・視力等々ありますが、この辺は特に問題なく。

ただ、尿は家で採ってきたものをその場で出されるのでやっぱり少し恥ずかしい・・・

 

無地のTシャツを持ってない場合は楽天あたりで頼むと楽です。

わたしは白いTシャツの方が良いのかと(大昔の大学時代の薄い記憶により)白Tシャツ2枚ほど買いましたが、結局黒いTシャツで行きました。

白Tシャツは普通に部屋着になってます。

健康診断の再検査について

注意
※健保組合や会社、医療機関によります。あくまでわたしの勤め先での場合です

うちの会社の健康保険では、再検査は一次健診を受診した医療機関で受ければ、原則として健診の基礎部分(血液、尿、胸部、胃部、心電図)の精密検査の費用負担はありません。

「健診バスで受けた場合は再検査はどうなるんだろう?」と思っていたら、血液・尿・血圧などの検査は健診バスがもう一度来て再検査をしてくれました(約3か月後)

それ以外の検査は、内容によって(健診バスを持っている施設の)関連医療機関でできる場合は予約を取ってくれて自己負担なし。

できない場合は自分で病院を見付けて保険診療となるようです。