Wacomより「macOS10.14.5にアップデートするとタブレットが動作しなくなるトラブル」 公式FAQペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

【体験談】胃カメラ(経鼻内視鏡)を初めて受ける

水と気泡

先日初めて胃カメラをしました。

軽く考えていましたが、とてもつらかったです。

そこの診療所は鼻から入れるタイプの胃カメラ(経鼻内視鏡)でした。

胃カメラ(経鼻内視鏡)の流れ

STEP1
消泡剤を飲む
ドロッとした白い液体。少量なのですぐに飲める。
STEP2
鼻の腫れを取る薬をスプレー
両方の鼻の穴の中に噴射される。
STEP3
肩に注射
特に説明はなかったけど、胃の動きを鈍くする注射らしい。

厚着をしていったので肩を出すのが大変でした。

STEP4
鼻に入るか確認
鼻に棒(?)をさして通るか確認。

わたしは右の鼻の穴が狭いので(たぶん骨が出っ張ってる)、入らなかったよう。

左から入れることに。

STEP5
鼻の局所麻酔
ドロッとした液体を鼻に入れる。

「にがいのを感じたら飲み込んでください」と言われる。

にがくて苦しくてこの時点で涙目。

STEP6
内視鏡を入れる

鼻の穴の奥が非常に痛い。痛みは最初だけでおさまると言っていたけど、わりとずっと痛い。

喉の辺りまで入ったら「飲み込んでください」と言われる。

画像を見ながら解説。

鼻からなので「話してもいい」と言われるが苦しくてそれどころではない。

でも話をしていた方が気はまぎれる。

STEP7
内視鏡を抜く
鼻から液体(麻酔のゼリー)が大量にでる。

「ゼリーが出てくるから鼻をかんでください」とティッシュをボックスごと渡される。

STEP8
診察
診察室で画像を見ながらもう一度解説。

画像を印刷して何枚かくれました。

胃カメラ(経鼻内視鏡)その他感想

経鼻内視鏡は口から入れる場合に比べて吐き気などが少ないという話でしたが、吐き気はしました。

内視鏡を入れる時ではなく入ってから、喉の奥を管が通っている感覚に吐き気がします。

終わった後、鼻をきちんとかまないとその後麻酔のゼリーが出てくるので、鼻はきちんとかみましょう

わたしは鼻をかむのが苦手なので適当に鼻をかんだら、診察の時に出てきてしまって恥ずかしかったです。

口からの内視鏡の場合はしばらく飲食ができないそうですが、鼻からの場合は特に注意はなし。

終わった後も鼻の奥がいたむ(30分~1時間くらい)。

ピロリ菌の検査も勧められたので一緒にやりました。こちらは保険診療で自己負担あり。

全部(ピロリ菌検査と胃カメラ)で2時間くらい。診療所は通常受診の患者さんでとても混んでいました。

胃カメラを行なった理由

胃カメラをやったのは健康診断の胃部検査で「要精密検査」と出たからです。

「ポリープ多発」とか書いてある。

ここ3年くらい毎回「要精密検査」となるのを放置していたので、そろそろ検査しておくか・・・と。

健康診断の再検査の費用負担

注意
※健保組合や会社、医療機関によります。あくまでわたしの勤め先での場合です

うちの会社の健康保険では、再検査は一次健診を受診した医療機関で受ければ、原則として健診の基礎部分(血液、尿、胸部、胃部、心電図)の精密検査の費用負担はありません。

健診バスで健康診断を受けた場合の再検査は、血液・尿・血圧などの検査は健診バスがもう一度来て再検査をしてくれます。

それ以外の場合は、内容によって関連医療機関でできる場合は自己負担なし、できない場合は自分で好きな病院を受診して保険診療となるようです。

紹介状は会社宛てに送ってくれます。

胃カメラは自己負担なしでできるということで、電車で40分(+徒歩40分)程かけて関連診療所まで行って受けました。

胃カメラの結果

  • ポリープが大量にあるけど(10個以上)、ピロリ菌はいないので特に問題はない(ピロリ菌の検査は自己負担で一緒にやりました)。
  • 健康診断では引っ掛かると思うが毎回精密検査をする必要はない。胃カメラは2年に1回程度でよい。
  • 胃にポリープがたくさんあるので、大腸の方にもあるかが心配。
  • 大腸の方が悪性になりやすいし、便潜血検査では悪化しないと出てこない。

といった感じでした。

大腸検査は受けたくないです・・・