『Wacom Cintiq 22』7/25発売!予約受付中。Wacomストアで見るペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

クリスタの自動着色(彩色)の使い方~CLIP STUDIO~

絵の具とパレット

先日(2018/11/29)のアップデートでCLIP STUDIO PAINTに自動彩色(着色)が追加されたので、どんなものかと試してみました。

アップデートに関しては⇒『創作応援サイトCLIP STUDIO(CLIP STUDIO PAINT Ver.1.8.4アップデータを公開しました)

無料体験版で試してみたい方は⇒『ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード』 

※1ヶ月の試用期間中は使えますが、試用期間を過ぎた体験版では使用できません。

今回は取り急ぎ簡単に試してみましたが、線画やヒント色をきちんと描けば、もっときれいに彩色されるのではないかと思います。

自動彩色のやり方

自動彩色には、線画だけの状態から彩色する「全自動彩色」と、ヒントとなる色を設定して彩色する「ヒント画像を使って彩色」があります。

MEMO
  • 線画のレイヤー、ヒント色をおくレイヤー共に1枚のみ反映されます。
  • ネットに接続されている必要があります。

全自動彩色をする場合

線画を描いたレイヤーをクリックして選択(編集中に)し、「参照レイヤーに設定」アイコンをクリックします。

参照レイヤーに設定

「編集」⇒「自動彩色」⇒「全自動彩色」を選びます。

全自動彩色操作

適当に描いた線画が全自動彩色されました。

自動着色

ヒント画像を使って彩色する場合

線画とは別にヒントの色をおく用のレイヤーを作成します。

ヒント色レイヤー

適当なブラシで色をおいていきます(ブラシはおそらくなんでもよい)。

とりあえず全自動彩色と比較するために違いのわかりやすい色にしてみます。

ヒント色

①線画を描いたレイヤーには「参照レイヤーに設定」アイコンをクリックして設定しておき、②ヒントの色をおいたレイヤーをクリックして選択(編集中に)します。

ヒント色レイヤー選択

ヒントの色をおいたレイヤーを選択(編集中に)したまま、「編集」⇒「自動彩色」⇒「ヒント画像を使って彩色」をクリックします。

ヒントを使って彩色操作

ヒント色レイヤーに置いた色を反映して彩色されました。

ヒントあり彩色変更

MEMO
公式のユーザーガイドでは線画レイヤーとヒント色レイヤーの上下が逆ですが、試したところどちらでも変わらないようです。

より高度な設定を使用する場合

「より高度な設定を使用」では、下のような設定画面が出て「色分解して彩色」「ぼかし強度」「ぼかし精度」「主線除去」などの設定ができます。

高度な設定

上記「ヒント画像を使って彩色」の手順で進み、最後に「より高度な設定を使用」をクリックすると、設定画面が出ます。

高度な設定を使用

先行プレビューとは

自動彩色を選択する際に後ろに「(先行プレビュー)」とあります。

これは具体的にはどういうことだろうと思っていたら、公式にしっかり説明がありました。

先行プレビュー機能について

正式リリース前の機能を一足はやくお試しいただけるものです。先行プレビュー機能は、正式リリース時には機能や提供方法が変更になる場合があります。

 

無料体験版で試してみたい方は⇒『ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード』 

※1ヶ月の試用期間中は使えますが、試用期間を過ぎた体験版では使用できません。

絵の具とパレット試用期間終了後に体験版を使う~CLIP STUDIO~

 

参考 CLIP STUDIO PAINT ユーザーガイド - 自動彩色(先行プレビュー)CLIP STUDIO PAINT ユーザーガイド

 

 

     \1ヶ月間無料でお試し/


created by Rinker
セルシス
¥6,137 (2019/07/21 18:58:16時点 Amazon調べ-詳細)

手癖で書いた落書きに全自動彩色で色をつければなんとなくもういいような気がしてきます。

色の混ざり方が好きなのかもしれません。

落書き