期限間近のclippyで買える素材(人気順)

パソコンでAmazon Kindleの本を読むやり方

本

Amazon Kindleの本は専用のデバイスを持っていなくてもパソコンやスマホなどからも読むことができます。

電子書籍は紙の本より安い場合が多く、セール中には半額くらいになることもあるのでお得です。

(その代わり読まなくなった後に中古ショップに持っていくこともできませんが)

パソコンだと漫画や雑誌も大画面かつ見開き&カラーで見れるので便利です。

(ちなみにKindle Paperwhiteでは1ページ毎で白黒。

E Ink(イーインク)ディスプレイで反射が少なく目が疲れにくいのでライトノベルとかは気軽に読みやすいです。)

パソコンでAmazon Kindleの本を読む方法

パソコンで読む場合は下記のやり方があります。

  • Kindle Cloud Readerで読む(マンガ、雑誌、洋書のみ対応)
  • Kindle for PCで読む
  • マンガ本棚で読む(基本的にマンガのみ)

(スマホやタブレットから読む場合は無料アプリをダウンロードします)

無料アプリはこちらから→『Kindle無料アプリの入手

個人的なKindle Cloud ReaderとKindle for PC(Mac)、マンガ本棚の比較

通信環境やパソコンスペック、読む本にもよると思います。

Kindle Cloud Reader

  • ブラウザ上ですぐに読めるので手軽
  • ページをめくるときに少し時間がかかることが多い
  • ページ移動がスライダーとページ指定のみ(表紙と目次はすぐにとべる)
  • 読める本が限られている

Kindle for PC(Mac)

  • アプリを立ち上げるのに時間がかかる
  • 本のダウンロードに時間がかかる
  • ダウンロードしてしまえばページをめくるのは早い
  • 目次から該当ページにとべる
  • 全ての本が読める

マンガ本棚

  • ブラウザ上ですぐに読めるので手軽
  • ページをめくるのは時間がかかることもある
  • ページ移動がスライダーとページ指定のみ(表紙と目次はすぐにとべる)
  • マンガのみ

Kindle Cloud Readerで読む

Kindle Cloud Readerを利用すると、ブラウザ上でマンガ、雑誌、洋書などを読むことができます。

小説などは読むことができません。

Kindle Cloud Readerで読めない本をパソコンで読む場合は、パソコン用Kindleアプリをダウンロードする必要があります(詳細は下記)。

Kindle Cloud Readerで読む方法

Amazonトップページから左上の「メニューアイコン(横3本線)」⇒「Kindle本&電子書籍リーダー」⇒「Kindle Cloud Reader」と進みます。

Amazonメニュー
Amazonカテゴリー選択

Amazonアカウントでサインインします。

kindle cloud readerログイン

最初は下のようなオフラインで読める設定にする画面が出てくるので、設定すると便利かと思います。

(わたしはブラウザが古かったらしくできませんでした)

kindle cloud readerオフライン設定

上のオフライン設定をするか、「後で」をすると、購入してあるkindle本が一覧で出てきます。

kindle cloud reader一覧

表紙をクリックするか、右クリック⇒「本を開く」で開きます。

※下は表紙上で右クリックした場合

本を開く

読めない本の場合は「この本はKindle Cloud Readerでは開けません。無料のKindleアプリをご利用ください。」と出ます。

kindle cloud readerでは開けません

購入前に確認

電子書籍を購入する前にKindle Cloud Readerで読めるかを知りたい場合は商品ページ購入ボタンの下で確認します。

「〇〇さんのKindle」という場所をクリックすると登録してある端末が出てきます。

(Cloud Readerは一度サインインすれば登録されたと思います)

「Kindle Cloud Reader」という文字が黒字であれば読めます。

グレイになっていたら読むことはできません。

※「無料サンプル」を送って確認しても良いかと思います。

kindle cloud readerで読む

Kindle for PC&Macで読む

無料アプリ「Kindle for PC&Mac」をパソコンにインストールすると、Kindle Cloud Readerで読めない本でもダウンロードして読むことができます。

Amazonから無料アプリを入手します⇒『Kindle無料アプリ|Amazon

Kindleアプリを入手

iOS、Android、MacやPC版があるので、パソコンの場合は一番右の「PC&Mac」をクリックします。

クリックするとすぐダウンロードが始まります。

ブラウザがGoogle Chromeの場合、何も設定をしていなければおそらくダウンロードフォルダに保存されます。

※Macは下記

Kindle for PCで読む方法(Windows)

ダウンロードフォルダ内のアプリをダブルクリックするとインストールが始まります。

ダウンロードフォルダ
Kindleインストール

インストールが終わると「利用規約への同意」画面が出るので、同意する場合は「はい」をクリックします。

(「デバイスを登録してください」という画面も出るかもしれません)

Kindle規約に同意

下のようなKindle for PCの画面が開きます。

自動的に開かなかった場合はデスクトップ上にできたアイコンをクリックして開きます。

(初めての場合はこの辺りでログイン画面が出ると思います)

通常はここで購入した本が表示されるようですが、わたしの場合はなぜか以前利用していた時にダウンロードしたことのある作品しか出てきませんでした。

Kindle画面

購入した作品を全て出すために、左上の「同期して新しいアイテムをチェック」アイコンをクリックします。

Kindle同期

表紙を決してあるのでわかりにくいですが、購入した本(153作品)が表示されました。

読みたい本の表紙をダブルクリックするとダウンロードが始まり、本が開きます。

(ダウンロードは本によっては時間がかかります)

Kindle同期後

表紙を右クリック⇒「ダウンロード」をすると、ダウンロードだけして本は開きません。

ダウンロード

Kindle for PCをインストールすると、デスクトップ上にKindleのアイコンができます。

Kindleアイコン

Kindle for PCの登録の仕方

おそらくログインすれば自動的に登録されると思いますが、念のため。

Kindle for PCの左上の「ツール」⇒「オプション」と進みます。

kindle for PCツール

オプションの画面が開くので、左側で「登録」を選択し、「登録」をクリック、アカウント情報を入力します。

下の画面はすでに登録が済んでいる画面です。

kindle for PC登録

※パソコン、スマホ、タブレットの無料アプリはこちらから→『Kindle無料アプリの入手

Kindle for Macで読む方法(Mac)

ダウンロードフォルダ内のアプリをダブルクリックするまではWindowsと同じです。

Kindle for Mac

下のような画面が出るので、「Kindle」を「アプリケーションフォルダ」にドラッグ&ドロップします。

Mac用Kindle

アプリケーションの中にKindleアイコンが入ったのでクリックして開きます。

Kindleアイコン

確認画面が出るので「開く」をクリックします。

kindle確認メッセージ

ログイン画面になるのでログインします。

メールによる認証もありました(最初パスワードを間違えたせいかも?)。

kindle ログイン

Kindle for Macのライブラリが開き、アクセシビリティアクセスの許可を求めてきます。

とりあえず許可しましたが、後で許可を外しても動くようだったので絶対に必要なのかはわかりません。

アクセシビリティ

ライブラリに購入した本が出てくるのでダブルクリックするとダウンロードして開きます。

または「右クリック」→「ダウンロード」でダウンロードします。

ダウンロード中の場合は本の下に青い線が出て進行していきます。

(最初気付かずに反応していないのかと思ってしまいました)

ダウンロード済みの本は右下にチェックが付きます。

ライブラリ

アプリのアイコンはデスクトップには出ないので、「Launchpad」から開きます。

※パソコン、スマホ、タブレットの無料アプリはこちらから→『Kindle無料アプリの入手

マンガ本棚で読む

マンガのみならマンガ本棚でも読むことができます。

マンガ本棚にはKindleで購入した本のうち、マンガ本棚で読める本のみが自動的に入るようです。

マンガ以外でも一部のイラスト参考書などは読むことができました。

Amazonから左上の「メニューアイコン(横3本線)」⇒「Kindle本&電子書籍リーダー」⇒「マンガ本棚」と進むと一覧が出てきます。

Amazonメニュー
マンガ本棚を開く

※スマホでマンガ本棚を見たい場合

本棚の猫Amazonマンガ本棚で Kindleマンガを手軽に読む

※パソコン、スマホ、タブレットの無料アプリはこちらから→『Kindle無料アプリの入手